日本管財の株主優待のおすすめ度は?【カタログギフトで長期保有がおすすめ】

日本管財【9728】はビルの総合管理会社です。

清掃から警備など総合的な管理を担当している企業です。

株主優待はカタログギフトが贈呈されており、様々な商品が選べることと年に2回贈呈されることから個人株主から人気の高い銘柄となっています。

今回は日本管財の

    • 株主優待の詳しい内容について
    • 株主優待のおすすめ度について
    • 株価や業績の推移について
    • 配当や利回りの推移にについて

をご紹介していきます。

ぜひ投資する際の参考にしてみてください。

 

 

日本管財の株主優待のおすすめ度

日本管財の株主優待の内容は下記のとおりです。

【おすすめ度】

★★★★★

【株価】

1869円【令和01年08月26日時点】

最新の株価はこちら

【配当】

50.00円

【権利確定日】

3・9月

【株主優待内容】

  • 100株以上(保有期間3年未満) カタログギフト・・2,000円相当
  • 100株以上(保有期間3年以上) カタログギフト・・3,000円相当

長期保有がお得な株主優待です。

 

株主番号の維持で長期保有の権利を維持できるので、「1株から投資ができ、Tポイントで投資ができる証券会社」であるSBIネオモバイル証券をおすすめします。

株価変動によるリスクも100分の1となるため、低リスクで権利を維持することができます。

http://enjoykabunusiyutai.com/2019/06/29/%e6%a0%aa%e4%b8%bb%e5%84%aa%e5%be%85%e3%81%ae%e9%95%b7%e6%9c%9f%e4%bf%9d%e6%9c%89%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%83%af%e3%82%b6%ef%bc%81sbi%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e8%a8%bc/

【配当利回り】

2.68%

【優待利回り】

2.14%

【優待利回り+配当利回り】

4.82%

株主優待はいつ届く?

日本管財の株主優待は下記を目安として届きます。

・3月権利確定分→6月末

・9月権利確定分→12月上旬

権利確定日のおよそ3か月後に到着します。

ヤフーオークションの買取価格について

日本管財の株主優待はヤフーオークションでは下記の価格帯で取引されています。

・100株分 2,000円相当のカタログギフト・・1350円~1550円

大体7割前後から8割弱程度の価格帯で取引されています。

カタログギフトとしてはまずまずの値段といったところですね。

日本管財の株主優待の詳細について

日本管財の株主優待はカタログギフトが贈呈されています。

  • 3年未満で2,000円相当のカタログギフト
  • 3年以上で3,000円相当のカタログギフト

となっています。

3年以上保有すると配当+株主優待利回りが5%を超えてきますので、なるべくなら3年以上保有したいところですね。

2,000円相当、3,000円相当ともに、カタログギフトは約60程度の商品の中から選択できます。

 

メインは食品です。

ハンバーグやトマトジュース、和牛のすき焼き用、豚肉、アイスなどが贈呈されます。

他にもファッションやアウトドアの商品などがあります。

カタログギフトは下記のような内容が届きます。

特に人気が高く、おすすめなのが、鎌倉煮込みハンバーグです。

Twitterでの評判を調べてみましたが、非常に人気が高かったです。

何にするか迷ったときはこの鎌倉煮込みハンバーグをおすすめします。

日本管財の株価を分析!下落傾向で割安感あり

ここでは日本管財の株価について検証していきます。

【下記の情報はいずれも令和01年08月26日時点の情報】

株価2年チャート

日本管財の2年チャートを見てみましょう。

日本管財 株価 2年チャート

最新の株価チャートはこちら

株価は下落傾向にあります。

業績は好調のものの、市場期待よりも下回っていることや日本株全体の相場が下落していることが要因です。

とはいえ、株主優待が魅力的なことやPERは(連) 14.67倍,PBRは(連) 1.40倍と割安感があることを考慮すると十分に上がる余地はありそうです。

株価10年チャート

日本管財の株価10年チャートを見てみましょう。

日本管財 株価 10年チャート

最新の株価チャートはこちら

業績が好調のため、株価は右肩上がりで伸びています。

相場が上向けば再び上昇基調に戻る可能性は十分にあります。

業績は好調が続き最高益更新中!

日本管財 売上高 推移日本管財 経常利益 推移日本管財 最終利益 推移 日本管財 自己資本比率 推移

※2020年は予想

日本管財の業績は好調です。

特に経常利益は3期連続で過去最高利益を更新中です。

売上高は29期連続増収で右肩上がりで成長しています。

自己資本比率も60%超えており、今後の業績拡大や株価上昇に十分期待が持てる内容となっています。

配当と利回りの推移について

配当は下記の通り推移しています。

  • 2010年3月期・・16円
  • 2011年3月期・・25円
  • 2012年3月期・・20円
  • 2013年3月期・・20円
  • 2014年3月期・・21円
  • 2015年3月期・・25円
  • 2016年3月期・・34.5円
  • 2017年3月期・・40円
  • 2018年3月期・・42円
  • 2019年3月期・・50円
  • 2020年3月期・・50円(予想)

配当は2013年3月期から連続増配を続けています。

2020年3月期もこのまま業績が好調に推移すれば十分増配の期待が持てます。

 

日本管財は利回りも高いのが特徴です。

現在の株価は1869円【令和01年08月26日時点】のため

配当利回りは2.68%、優待+配当利回りは4.82%となります。

長期保有の場合は配当利回りは2.68%、優待+配当利回りは5.89%となります。

かなり高い利回りですね。

業績拡大中、自己資本潤沢、利回り高いという三拍子そろったおすすめ銘柄です。

日本管財の株主優待のおすすめ度は星5つ

今回は日本管財の株主優待や業績についてまとめてみました。

日本管財の業績、利回り、株主優待から見たおすすめ度は★★★★★です。

  • 株主優待が使いやすいカタログギフト
  • 利回りも高く長期保有で6%前後に
  • 業績拡大中で、連続増配継続
  • 自己資本も潤沢

というメリットがある反面

  • 株価が下落トレンド

というデメリットがあります。

MoneyCourt 編集部

MoneyCourt 編集部公認会計士・税理士

記事一覧

MoneyCourt では、公認会計士・税理士資格を持つ、金融・投資知識が豊富なメンバーが、投資の基礎知識から金融投資のポイント、確定申告や節税などを初心者向けにわかりやすく解説しています。
【監修:ユニヴィスグループ( Univis Group )公認会計士・税理士】

関連記事

カテゴリー

アーカイブ