日本ケンタッキー・フライド・チキン【9873】の株主優待は安定志向におすすめ。業績や株価を分析してみた。

日本KFCホールディングスは正式名称で日本ケンタッキー・フライド・チキンホールディングスです。

言わずと知れた世界的に有名なケンタッキーですね。

「カーネルおじさん」のロゴで日本だけではなく、世界から愛されてきた企業です。

日本KFCホールディングスの銘柄に興味がある方なら

    • 日本KFCホールディングスの株主優待の内容について詳しく知りたい
    • 日本KFCホールディングスって業績はどうなの?利益は出ているの?
    • 日本KFCホールディングスは財務的に安全なの?株主優待の廃止とかはないの?
    • 日本KFCホールディングスの株価ってどうなるの?今って買い時なの?

という点は気になりますよね?

今回は日本KFCホールディングスについて

    • 株主優待の詳しい内容について
    • 株主総会のお土産について
    • 業績や利益の推移について
    • 財務的な安全性について
    • 配当や利回りについて
    • 日本KFCホールディングスの株価は今度どうなりそうなのか

をご紹介していきます。

ぜひ投資する際の参考にしてみてください。

 

 

日本KFCホールディングスの株主優待の内容について

日本KFCホールディングスの株主優待の内容は下記のとおりです。

【おすすめ度】
★★★☆☆
【株価】
1995円(令和01年06月22日時点)

【配当】
50円

【権利確定日】

3・9月

【株主優待内容】

国内のケンタッキー・フライド・チキンで利用できる食事券を下記の保有株数に応じて贈呈している

  • 100株~299株・・・500円(500円券× 1枚)
  • 300株~499株・・・1,500円(500円券× 3枚)
  • 500株~999株・・・2,500円(500円券× 5枚)
  • 1,000株以上・・・・5,000円(500円券×10枚)

【配当利回り】
2.50%

【優待利回り】
0.50%

【優待利回り+配当利回り】
3.00%

株主優待はいつ届く?

日本KFCホールディングスの株主優待は下記を目安として届きます。

  • 3月権利確定分→6月下旬
  • 9月権利確定分→12月上旬

権利確定日のおよそ3か月後に到着します。

有効期限について

日本KFCホールディングスの株主優待券の有効期限は下記のとおりです。

  • 3月権利確定・・12月末まで
  • 9月権利確定・・翌年6月末まで

有効期限はおよそ半年間です。

ヤフーオークションの買取価格について

日本KFCホールディングスの株主優待はヤフーオークションでは下記の価格帯で取引されています。

・100株分 500円分割引券・・450円~480円

額面の9割以上の価格帯で取引されています。

株主優待の注意点について

日本KFCホールディングスの株主優待の注意点は下記の店舗では利用できない点です。

(2019年3月31日現在)

  • 宮城県 :楽天生命パーク宮城店
  • 埼玉県 :メットライフドーム店、さいたまスーパーアリーナ店
  • 東京都 :東京ドーム店、JRA府中競馬場店、味の素スタジアム店、味の素ポケットガーデン店、大井競馬場1号館店
  • 神奈川県:横浜スタジアム店
  • 京都府 :JRA京都競馬場店
  • 兵庫県 :甲子園球場店
  • 福岡県 :小倉競馬場店、福岡ヤフオクドーム店

基本的に野球のスタジアムや競馬場では利用できないという点は注意しましょう。

株主総会のお土産について

日本KFCホールディングスは株主総会お土産があります。

過去に贈呈された日本KFCホールディングスの株主総会のお土産は下記の通りです。

  • 2018年・・ミネラルウォーター・シロップ・クリップ

例年オリジナル商品が贈呈されているようです。

やや魅力が薄い感じがしますね。

日本KFCホールディングスの業績や収益状況を調べてみた

日本KFCホールディングスの過去の業績や株主還元を調べてみました。
まとめますと下記の通りです。

【百万円】
売上高 営業益 経常利益 最終利益
2016年3月期 88,180 2,011 1,866 730
2017年3月期 88,032 2,558 2,425 1,365
2018年3月期 73,457 477 627 578
2019年3月期 74,344 2,206 2,975 2,055
2020年3月期(予想) 74,400 1,500 1,400 1,000

具体的に内容を見ていきましょう。

日本KFCホールディングスの売上高は減収傾向

日本KFCホールディングスの過去の売上高を見てみましょう。

  • 2016年3月期・・88180百万円
  • 2017年3月期・・88032百万円
  • 2018年3月期・・73457百万円
  • 2019年3月期・・74344百万円
  • 2020年3月期・・74400百万円(予想)

毎年減収傾向にあります。

特に大きかったのが2017年にピザハット事業を売却したことです。

約330店舗あり、高い人気を誇っていましたが、黒字化が困難で売却しました。

売り上げが150億以上落ち、減収の大きな要因となりました。

日本KFCホールディングスの最終利益は回復傾向に

日本KFCホールディングスの過去の最終利益を見てみましょう。

  • 2016年3月期・・730百万円
  • 2017年3月期・・1365百万円
  • 2018年3月期・・578百万円
  • 2019年3月期・・2055百万円
  • 2020年3月期・・1000百万円(予想)

売上高は2018年3月期までは不振でしたが、2019年3月期に大幅増益しました。

増益の要因は既存店舗の業績回復です。

ケンタッキー・フライド・チキンは例年高価格帯の商品を中心に展開していましたが、

  • ランチタイムにSランチ(500円)キャンペーン
  • オリジナルチキン1ピース無料
  • セットメニューの30%OFF

などのお得感があるキャンペーンを次々と展開していきました。

その結果既存店の売り上げが大きく伸びたのが原因です。

今後は好評なキャンペーンを継続できるかどうかがカギとなってきます。

日本KFCホールディングスの安全性は?財務情報を調べてみた

日本KFCホールディングスの直近3年間の財務情報を調べてみました。

まとめますと下記の通りです。

自己資本比率 有利子負債倍率
2017年3月期 53.6 8%
2018年3月期 57.7 6%
2019年3月期 55.7 3%

具体的に内容を見ていきましょう。

日本KFCホールディングスの自己資本比率は50%超えで推移

日本KFCホールディングスの過去3年間の自己資本比率を見てみましょう。

  • 2017年3月・・53.6%
  • 2018年3月・・57.7%
  • 2019年3月・・55.7%

自己資本比率は50%以上となっています。

安全性が高い水準で推移していますね。

業績も回復傾向にありますので、安全性は高いです。

日本KFCホールディングスの有利子負債倍率はほぼなし

日本KFCホールディングスの過去3年間の有利子負債倍率を見てみましょう。

  • 2017年3月・・8%
  • 2018年3月・・6%
  • 2019年3月・・3%

有利子負債倍率は10%以下で推移しており、ほぼ無借金経営です。

日本KFCホールディングスの株価は割安?割高?指標から見てみた

ここでは日本KFCホールディングスの株価について投資指標と合わせてみていきます。
まずは日本KFCホールディングスの投資情報を見ていきます。
【下記の情報はいずれも令和01年06月22日時点の情報】

証券コード 9873
企業名 日本KFCホールディングス
株価 1,995
配当利回り 2.51%
時価総額 45,452百万円
株の購入価格 199,500
PER (連) 44.59倍
PBR (連) 2.09倍
年初来高値 2,015円
年初来安値 1,960円

具体的に見ていきましょう。

株価は安定しているが、割高感あり

日本KFCホールディングスの株価は1950円~2050円で推移しています。

非常に安定的に推移しており、値動きを嫌う方には向いている銘柄です。

現在の株価は1995円です。(令和01年06月22日時点)

PERは(連) 44.59倍,PBRは(連) 2.09倍で、割高感があります。

株主優待があるとはいえ、ちょっと割高な感じがしますね。

配当は安定的に50円で推移

日本KFCホールディングスの配当は下記の通り推移しています。

  • 2010年3月期・・70円
  • 2011年3月期・・100円
  • 2012年3月期・・50円
  • 2013年3月期・・50円
  • 2014年3月期・・50円
  • 2015年3月期・・50円
  • 2016年3月期・・50円
  • 2017年3月期・・50円
  • 2018年3月期・・50円
  • 2019年3月期・・50円
  • 2020年3月期・・50円(予想)

配当は安定的に50円で推移しています。

自己資本も盤石であることから業績で左右されることはなさそうです。

利回りは3%前後で平均的

過去の株価を踏まえた利回りは下記のとおりとなります。

  • 株価が1950円の時、配当利回りは2.6%、優待+配当利回りは3.1%
  • 株価が2000円の時、配当利回りは2.5%、優待+配当利回りは3%
  • 株価が2050円の時、配当利回りは2.4%、優待+配当利回りは2.9%

現在の株価は1995円【令和01年06月22日時点】のため
配当利回りは2.5%、優待+配当利回りは3%となります。

平均的な利回りですね。

ただし株価が安定しているため、値動きを嫌う方にはおすすめです。

日本KFCホールディングスの株主優待のおすすめ度は星3つ

今回は日本KFCホールディングスの株主優待や業績についてまとめてみました。
日本KFCホールディングスの業績、利回り、株主優待から見たおすすめ度は★★★☆☆です。

  • 株主優待がケンタッキーで利用できる食事券
  • 業績が回復傾向にある
  • 自己資本比率も盤石の50%以上
  • 株価が安定的で、値動きを嫌う方にはおすすめ

というメリットがある反面

  • 今後株価の上昇は見込みにくい
  • 株主優待利回りは低い

というデメリットがあります。

MoneyCourt 編集部

MoneyCourt 編集部公認会計士・税理士

記事一覧

MoneyCourt では、公認会計士・税理士資格を持つ、金融・投資知識が豊富なメンバーが、投資の基礎知識から金融投資のポイント、確定申告や節税などを初心者向けにわかりやすく解説しています。
【監修:ユニヴィスグループ( Univis Group )公認会計士・税理士】

関連記事

カテゴリー

アーカイブ